ジャグラーシリーズ攻略講座

【ジャグラーシリーズ攻略講座】どこまでハマるの?Aタイプの恐怖編

たんの
たんの
こんにちは!! たんのです!

前回は、やめ時について解説しました。

Aタイプ(ノーマルタイプ)は、いつでも止められるのが最大の魅力だと思っています。

AT・ARTタイプは、天井機能が搭載されていたり、1回の大当たりで大量の出玉を得られるメリットがありますが、レア役を引かない限り、何一つ大当たりに絡む抽選をしていません

反面、Aタイプは「メダルを入れてレバーを叩けば」大当たりの抽選をしてくれます

なので、立ち回りをしっかり学べば、安定して勝てるようになるので、面倒くさいと思わず、立ち回りを勉強していきましょう!

さて、今回の記事では【ジャグラーにおけるハマりの目安】について解説していきます。

どれだけハマると危険なのか?

そういった部分を解説していきます。

青天井の恐ろしさ

青天井(あおてんじょう)】という言葉を聞いた事がありますか?

快晴の突き抜けるような青空を、天井に見立てた言葉」で、『野天(のてん)』とも表現します。

それが転じて、モノの値段や株などの取引相場で使われる場合は、「価格や相場が天井知らずにドンドンと長期間上がり続け、上限がない状態」を指します。

パチスロでは、「天井機能がないAタイプ・ノーマルタイプでボーナスに当選出来ず、どこまでもゲーム数がハマる状態」を【青天井】と呼んでいます。

ホールで打つ台を探していると、たまに700ゲームや1000ゲームハマりのAタイプの台を見たことがありませんか?

AT・ARTタイプの台なら超お宝台ですが、Aタイプではほとんど価値がありません

じゃぁ、ドハマりしている台を打っても、さらに追加で1000ゲーム打つ羽目になるってこと?すげぇ怖いんだけど・・・」と思うでしょう。

ただ、完全に個人的な感覚でしかありませんが、ハマるゲーム数の目安があります。

それは・・・

ボーナス合算確率の4までハマることがあっても、4以上ハマることはあまりない」

というものです。

ジャグラーのボーナスには「ビッグボーナス(BB)」「レギュラーボーナス(REG)」があり、それら両方を合わせた合算確率は、設定1でも170分の1ほどです。

確率的には「170ゲームに1回は、BBかREGが当たる」わけですね。

例えば、ジャグラーの設定6のBB確率が「240分の1」、だとします。
その4倍は「約1000分の1」です。

そう見ると、700ゲームハマりの台があっても、不思議ではありませんよね?

なので、BB間ハマりで1000ゲームくらいなら、丸1日ジャグラーを打っていると、設定5や設定6でも、1回~2回はあったりします。

少ない方ですが、珍しくはありません。

ただ、BB間1000ゲームハマりになる前にREGに当選してしまう方が多いでしょう。

このように、確率の4倍まではハマることは珍しくないのであれば、

「170分の1」の4倍は「約700分の1」ですから、設定1の場合、700ゲームまでハマることは珍しくない、と言えます。

ただし、700分の1は単なる確率でしかないため、ハマる時は、どこまでもハマります

天井が存在しないので、とことんハマることでしょう。

もしあなたが「ハマり台は、1度当たると、その後連チャンする」というオカルト理論を信じており、「経験上、700ゲームくらいまでには当たることが多い。1000ゲームもハマることはないだろう」という判断で、天井狙いのような感覚でハマり台狙いをすると、1000ゲーム以上ハマり、爆死する可能性もあるので、十分に気を付けましょう。

また、確率の4倍を超えることも、もちろんあります。

しかし、そう多くはありません。

ジャグラーには、天井機能はありませんが「確率の4倍まではハマることは珍しくない」ということを知っていると、1つの目安にはなります。

ただし、だからと言って「700ゲームまでに当たる確率が高いから狙おう!」とか、そういう話ではありません。

Aタイプで勝つには、とにかく高設定台を打つこと

これに尽きます。というか、これしかありません。

そして、運よく連チャンして、まとまった出玉が得られたら即やめる。未練打ちしないが鉄則です。

引き際を間違えないように、気を付けていきましょう。

今回のまとめ

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

今回の要点をまとめますと・・・

今回のまとめ

①ボーナス合算確率の4倍までは、ハマる
②だからと言って、ハマり台を打つのは危ない
③高設定を見抜く力を、身に付けるべし

以上です。また次の記事でお会いしましょう!

にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です